購入店舗別の食費節約のコツ

MENU

購入店舗別の食費節約方法

自分の家の近くにあるスーパーやコンビニの店舗グループを確認して、
メインで利用するスーパーを決めたら、
クレジットカードと電子マネーに注目します。

 

クレジットカード・電子マネーに注目する

クレジットカードに注目する理由は3つあります。

 

まず1つ目は、
明細が家計簿代わりになるという点です。

 

ただし、これはもろ刃の剣で、
使いすぎてしまう癖のある人にはおすすめしません。

 

2つ目は、
クレジットカードと電子マネーを併用することで、
ポイントの2重取りができるという点です。

 

普段よく利用するスーパー・コンビニ系のクレジットカードで
買い物をすればポイントが貯まりやすいのはもちろん、
電子マネーにクレジットカードからチャージすることによってもポイントが貯まります。

 

3つ目は、
会員特典です。

 

特定の商品を安く購入出来たり、
特定の日に安く買い物が出来たりする特典が
スーパー・コンビニ系のクレジットカードの会員になると付いてきます。

 

購入店舗グループを比較

店舗グループ名 株主優待 クレジットカード 電子マネー 主な店舗
イオン系 あり あり WAON イオン、マックスバリュー、ミニストップなど
セブン&アイ系 なし あり nanaco イトーヨーカドー、セブンイレブン、西武百貨店、そごうなど
西友(セゾン系) なし あり nanaco 西友、西武百貨店、そごうなど
ユニー系 なし あり qickpay ユニー、アピタ、ピアゴ、サークルKサンクスなど

※株主優待が使えない一部店舗・商品があります。

 

以上が、購入店舗グループごとの簡単な比較表になります。
各購入店舗グループごとの解説は以下をご覧ください。

 

 

なお、ネット通販、自己アフィリエイトに関しては以下をご覧ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加