セブン&アイ系で食費を節約するコツ

MENU

セブン&アイ系で食費を節約

自分の生活圏内にセブン&アイ系の店舗がある人の食費節約法を紹介します。

 

セブンカードに申し込む

セブンカードはイトーヨーカドーやセブンイレブン、そごう、西武百貨店などの
セブン&アイ系の店舗やセブンネットショッピングで利用することができ、
同じくセブン&アイグループが運営するnanacoとも連携していて
使い勝手の良いクレジットカードになります。

 

セブンカードのお得な点は、

 

  • 8・18・28日の8のつく日は5%OFFで買い物ができる
  • 1ポイント=1円でお買い物可能(イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズ)
  • nanacoポイントに等価交換可能で、利用店舗も拡大

 

以上のように、8のつく日は5%OFFで買い物ができるというのはお得ですし、
買い物をした時にもらえるポイントの使い道も
他のクレジットカードに比べて豊富なのが特徴です。

 

セブンカードの注意点

年会費は初年度無料ですが、
前年度のクレジットカードの利用金額が5万円未満の場合は
本会員で500円かかるため注意しましょう。

 

会社員のセブンカード使用例

自宅近くのイトーヨーカドーでのお買い物や
公共料金を支払った際に付いたポイントをnanacoポイントに交換したり、
クレジットカードなどからnanacoへチャージして、
職場近くのセブンイレブンやnanacoに加盟している飲食店で効率よく消費することができます。

 

セブン&アイグループの店舗

イトーヨーカドー、セブンイレブン、西武百貨店、そごう、
ヨークマート、オッシュマンズ、ロビンソン、アリオモール、セブンネットショッピング、デニーズ

 

セブン銀行との併用でnanacoが貯まる

給与・賞与の受け取りやクレジットカード代金、携帯代の引き落としなどに
セブン銀行を利用するとnanacoポイントが貯まります。

 

セブンカードに申し込む

さらにお得なセブンカードプラス

セブンカードとの違いは、

 

  • 2年目以降の年会費が1000円(前年度5万円以上利用で無料は同じ)
  • ポイントがnanacoポイント
  • nanaco一体型とnanaco紐付型を選択できる
  • 入会キャンペーンのポイントがセブンカードの3倍の3000ポイント
  • 家族カードはない
  • 累計ボーナスポイントは付かない
  • ANAマイルへの交換がしやすくなった

 

となっています。

 

まず、セブンカードプラスの年会費は
セブンカードの倍の1,000円となっていますが、
2年目以降の年会費が無料になる条件が、前年度5万円以上利用となっており、
セブンカードと同条件です。

 

次に、ポイントがセブンカードポイントから
nanacoポイントに変わっています。

 

セブンカードを持っている人がnanacoを利用する場合、
nanacoポイントに交換(等価)する必要があるのですが、
セブンカードプラスはわざわざ交換する必要がなく、
そのままnanacoポイントとして貯められます。

 

既に、nanacoカードを持っていて、セブンカードプラスを取得したい場合は、
カードとnanacoが別々になっているセブンカードプラス(nanaco紐付型)の選択もできます。

 

ポイント還元率や利用店舗、
その他の項目はセブンカードと同じです。

 

ただし、イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズで
年間100万円以上利用する人であれば、
セブンカードの方が良いでしょう。

 

セブンカードプラスに申し込む
このエントリーをはてなブックマークに追加