割引食材・単価の安い食材を狙う

MENU

割引食材・単価の安い食材を狙う

スーパーで人の手が加わっていない食材を買ってきて自分で調理することが節約につながります。

 

ですが、その食材自体が値段の高いものを買ったのでは意味がありません。割引された食材やそもそもの単価が安い食材を狙う必要があります。

 

そこで、割引された食材や単価が安い食材を手に入れる方法を紹介します。

 

プライベートブランドを購入する

プライベートブランドとは何かというと、スーパーやコンビニが独自に商品開発をして販売している商品のことを指します。PBと呼ばれたりもしますが、このプライベートブランドはメーカー商品よりも安く購入することができるので食費節約手段の一つと言えます。

 

値引き食材を購入する

スーパーでは決まった曜日や時間に割引キャンペーンを行っています。中身はスーパーごとに違うのですが、スーパーのカード会員になると会員優待として受けられるものや、単純に食品の賞味期限の関係でパックに値引きのシールが貼られるというものもあります。

 

カードを提示したりクレジット機能の付いたカードで購入するとポイントが付くので、自宅近くのスーパーのカード会員になっておくことをおすすめします。最近では電子マネーの普及も進み、クレジットカードとの組み合わせによってはさらにお得になる場合もあります。

 

単価の安い食材を購入する

スーパーに買い物へ行く際にはあらかじめチラシを見て単価の安い食材に狙いをつけておくというのも大事です。新聞をとっていないのでチラシが見れないという人は、今はネットでもチラシを見ることができるのでチェックしてみてください。

 

単価の安い食材を買うには一つのスーパーだけではなくて複数のスーパーを見て回るということも必要になります。その際に使うクレジット機能付きのカードや電子マネーは複数の物を使い分けてもよいのですが、一本化した方がポイントが集約されるので食品の購入の際にも役立ちます。

 


 

食費節約のデメリット に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加